工事工程

ご契約いただいた後の外壁塗装の施工の流れをご紹介しております。実際のスケジュールは、天候や職人の数によっても異なりますが、おおまかな流れは以下の通りとなります。

1.足場の設置

最初に、塗装をするための足場を組み立てます。建物に傷がつかないよう慎重に作業をおこないます。その後、塗装が飛び散りらないよう飛散防止のためネットを張ります。
近隣への住宅にご迷惑がかからないよう、最大限配慮をはらいます。

足場の設置

足場の設置

2.工事前点検

工事に入る前に、問題なく施工がおこなえるかの確認をおこないます。破損箇所が無いか、工事を進めるにあたって障害がある部分がないかなどを再度確認します。

工事前点検

工事前点検

3.塗装箇所の洗浄

長年蓄積した外壁の汚れを除去します。塗装前に外壁や屋根などの塗装箇所をきれいに清掃することで、塗装の下地を整える効果があります。住宅全体をきれいに洗い流すため、屋根・外壁塗装の場合は丸一日ほどお時間をいただきます。職人にとって、外壁の劣化を間近に確認する絶好の機会です。小さな劣化も見逃さないよう、丁寧に洗浄いたします。

塗装箇所の洗浄

塗装箇所の洗浄

4.養生

サッシや玄関のドアなど、塗装をする必要のない箇所をビニールとテープで保護します。
外壁塗装の工程の中で「出来栄え」を左右する重要な工程です。「塗装の境界線を真っ直ぐ出す」など仕上がりを左右するため慎重に作業いたします。

養生

養生

5.下地補修(シール補修、クラック補修、左官補修、サイディング張替)

塗装に入る前に、ひび割れ、剥がれ、膨れなど、壁の劣化した部分を補修します。下地を塗ることで最後に塗る塗料が密着しやすくなり、塗りムラをなくすことができます。しっかりと補修をおこなうことで仕上がりの完成度が高くなり、長持ちします。

下地補修(シール補修、クラック補修、左官補修、サイディング張替)

下地補修(シール補修、クラック補修、左官補修、サイディング張替)

6.下地を塗布(塗り1回目)

塗装工事は一般的に”下塗り”→”中塗り”→”上塗り”という3回の重ね塗りが行われます。塗りの回数が少ないと塗りムラが発生したり、耐久性が落ちてしまうため、複数回に分けて塗布します。当社ではより長く快適に過ごしていただけるよう、塗りを1回追加し、4回塗りをおこなっています。下地は透明か白、クリーム色のような目立たない色を使用し、細かいひび割れなどの隙間を埋めます。

下地を塗布(塗り1回目)

下地を塗布(塗り1回目)

7.下塗り(塗り2回目)

”中塗り”、”上塗り(仕上げ塗)”の塗料が壁にしっかりと定着するよう、当社では2度に分けて下地を塗布しています。下地をコーティングし、塗装をしっかりと補強することができます。仕上げ塗料との密着度を上がり美しい外観をより長く保つことができます。

下塗り(塗り2回目)

下塗り(塗り2回目)

8.中塗り(塗り3回目)

下塗り後は、外壁の色決めの際に選んだ色の塗料を使い、塗布します。1回の塗布ではムラなどの塗り残しが出てきますので、仕上げに上塗りをおこないます。

中塗り(塗り3回目)

中塗り(塗り3回目)

9.上塗り(塗り4回目)

上塗りとは、中塗りが終わった後に仕上げの塗装として行う塗装工程です。
中塗りと同じ材料を使い、中塗りでは塗り切れなかったムラなどの塗り残しをカバーするように綺麗に仕上げていきます。2段階で色つき工程を行うことで、塗膜に十分な厚みを持たせることができます。ここで塗った色が壁の色となります。

上塗り(塗り4回目)

上塗り(塗り4回目)

10.付帯部(ふたいぶ)の塗り

付帯部というのは「破風板」、「軒天」、「雨樋」、「水切り」、「幕板」、「雨戸」、「戸袋」などを指します。壁のみ塗装をおこなってもここを塗らないと細かい部分の粗が目立ってしまいます。建物の隅々まで違和感がないよう、きっちりと塗装します。

付帯部(ふたいぶ)の塗り

付帯部(ふたいぶ)の塗り

11.仕上がり確認

塗装工事のすべての工程が終了したら、仕上がり状態の最終確認を行います。
お客様と一緒に仕様書と照らし合わせながら確認をおこないます。気になる箇所があれば、遠慮なくお申し付けください。

仕上がり確認

仕上がり確認

12.足場撤去

足場を解体し、家の周りを掃除してお引渡しいたします。ここからアフターフォローがスタートします。工事完了後、1年、3年、5年、7年、10年後にお伺いし、不具合が出ていないか点検・アドバイスをさせていただきます。どんな些細なことでも気になることがありましたら、お気軽にご連絡ください。外壁塗装工事が完了するまでの期間は工事休業日を除いて、10日~14日ほどになります。

足場撤去

足場撤去